YouTube音源を利用すれば、無料で好きな音楽データを取得する事ができます。

YouTube音源を利用する

従来のフューチャーフォンからスマートフォンになって大きく変わった音楽のポイントはYouTube音源などの音楽データを無料で手に入れる方法です。
厳密にいうと、著作権がある音楽を無料でYouTubeに掲載されているものは違法でそれをデータとしてダウンロードをする事も違法とはなっていますが、一般的には、多くの方がやっていて音楽の音源を転売目的などではなく常識の範囲内で個人利用する程度でしたら、実際に罰せられた事案もありません。

 

Androidのアプリでも簡単にYouTube音源のミュージックデータを取り込めるアプリが色々配信されています。有名なアプリではclipboxなどが定番でその他にも有料な無料アプリもAndoroidであれば多数あります。
こういったアプリを利用するのも手軽で良いのですが、着うたをはじめ、より応用性と実用性を高くするのであればパソコンからMP3形式に変換してしまう事をオススメします。

 

YouTube音源を利用できるアプリですとアプリ内でしか聞く事ができない物が多く、バックグラウンドでの再生や着うたへの使用ができないものが多いです。
パソコンでも気に入ったYouTubeのURLを入力すると簡単に音楽ファイルや動画ファイルに変換してくれるサイトがあります。
こういったパソコンのサイトやツールを通じて一度通常の音楽ファイルに変換してからスマートフォンに取り込む事で着うたへの使用やバックグラウンドでの再生など利便性が向上します。
パソコンでYouTube音源を変換してくれるサイトとしては、厳密に言うと違法性があり海外のサイトの物が多いというのも現状です。
実際に多くの方がトラブルなしで利用できているサービスですが、ご利用の際には自己責任でご利用してください。

 

著者のオススメはツールなどを使用するものではなく、サイト内でURLを入力するのみで数秒~数分待つとデータファイルに変換してくれるサイトをおすすめします。
検索してみれば色々と出てくると思います。ほとんどのサイトが海外のサイトで簡単操作で利用できるようになっています。
周りで音楽好きな方がいたら、どういったサイトを利用しているか聞いてみるのもよいです。

 

またインターネットでこういったYouTube音源の使用に関する事を検索すれば色々出てきて分かると思いますが、Youtube音源の使い方を間違えると違法性で悪質なケースは実際に罰せられた事例もあります。YouTubeの規則を読むなど、規則の範囲内でYouTUbeをお楽しみください。
また、YouTUbe音源は通常の有料配信されている音楽データに比べて音質は落ちます。スマートフォンの小さなスピーカーやイヤホンで適量の音量で聞く分には充分との見方をしている方が多いですが、家のオーディオ機器のスピーカーなどを利用したり音量を上げすぎると、音質の悪さが目立ち音割れなどもしやすいです。